アクタージュ【53話】最新話のあらすじ内容やネタバレ・感想

アクタージュ 最新話 ネタバレ 感想

2019年2月18日発売日の週刊少年ジャンプ12号にて、アクタージュ【53話】が掲載されています。

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずにアクタージュ【53話】を無料で読みたい人はコチラ☆

アクタージュ【53話】のあらすじ内容

波乱の舞台初日が終わって3日、厳の告別式にでる夜凪と劇団メンバー。

有名人の他にもマスコミが集まっており、その目的は夜凪でした。

新人ながら凄まじい演技をするということで注目を集め始めていました。

舞台の影響は出演したアキラにも及んでおり、囲み取材を受けて厳との思い出を話すさい「出演はコネ」と失礼な質問をされても堂々と「どうぞ見に来てい下さい、皆さんの判断に任せます」と答える余裕まで生まれていました。

記者が思わず、厳の舞台で育った役者は強くなりすぎる、と呟くほど、役者として成長していました。

夜凪とアキラが参加した当初はぎこちなかった劇団メンバーともすっかり仲良くなり、阿良也はすっかり夜凪を親友と認めて肩を組んだりしています。

そんな彼らの前に、星アリサがあらわれます。阿良也にはよく帰ってきたと、夜凪には警告を残します。

「目に入る家族を昔の写真のように懐かしく感じたら気をつけなさい」、それが夜凪が夜凪自身でなくなる前兆だと。

そしてもう一つ、「いい話には気をつけること」といいアリサは部屋をでていきます。

彼女といれかわりに入ってきたのは、プロデューサーを名乗る天知心一。

手出し無用とアリサに言うと、「いい話」を持ってきたと夜凪に話しかけます。

2人が接触したと黒山に教えるアリサ。夜凪を「この道に引きずり込んだのはあなた」「あなたがあの子を守りなさい」と黒山にはっぱをかけます。

また、突然あらわれた天知をまえに、阿良也たちは夜凪をかばうように囲みます。

天知はそれでも動じず、笑ったまま「次は私の見世物になりませんか」と夜凪に話しかけます。

その手には、夜凪の過去や家族について暴露する記事がのった雑誌ありました。

アクタージュ【53話】の感想・考察

告別式のシーンで久しぶりに見た制服姿がなんだか感慨深いです。

舞台を経験し、厳や阿良也のような才能と出会ってさらに演技に磨きのかかった夜凪ですが、まだ女子高生なんだと思い出しました。

才能が開花し周囲に認められていく反面、もう元の生活には戻れなくなっていく…星アリサが夜凪に言った言葉も、そのことを裏付けている気がします。

次また制服が着れるのはいつになるのか。

そのぶん、同じ俳優仲間とも絆ができて、嬉しいです。

不穏な雰囲気のプロデューサーがあらわれて、阿良也たちが夜凪を守るように囲むシーン、ザ・ヒロインという感じでいいです。

プロデューサーの持ってきたいい話ってなんなのでしょう、不幸になってほしくないけど次はテレビドラマとかに出演するなんて展開も見たいので、次週も期待しています。

次回のアクタージュ【54話】は、週刊少年ジャンプ13号、2019年2月25日発売です☆

アクタージュ【53話】を見た読者の感想

アクタージュ【53話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

アクタージュ【53話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です