ハイキュー!!【335話】最新話のネタバレあらすじ内容と感想|夢中

ハイキュー 最新話 ネタバレ 感想

2019年1月28日発売日の週刊少年ジャンプ9号にて、ハイキュー!!【335話】が掲載されています。

タイトルは『夢中』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずにハイキュー!!【335話】を無料で読みたい人はコチラ☆

ハイキュー!!【335話】のあらすじ・ネタバレ内容

梟谷学園対狢坂高校の闘いもとうとう第3セット。

絶好調だった梟谷学園の木兎にもミスが出始めます。

そんな木兎の口から発せられた「疲れた・・・!バレーって疲れる・・・!」という台詞におもわず狢坂高校、桐生も笑ってしまいます。

木兎が疲れているのなら、ここが攻め所という桐生は調子がいい様子。

しかしやっぱり木兎も負けていられません。ここで少し木兎の回想シーンに入ります。

中学生のころの木兎は、練習に一切手を抜かないため、チームメイトから煙たがられる一面もありました。

ランニングの最中後ろを見ると、チームメイトは楽をしてついてきていなかったことも。

高校に入ってからも木兎は変わりませんでした。

ある日、リバウンドをしようとしてミスをした赤葦に木兎はリバウンドを教えてくれと言います。

赤葦は木兎の行動に疑問を持ちます。赤葦から見ると、木兎は目立つプレーが好きなのにどうしてリバウンドのような地味なプレーにも興味を持つのか。

木兎は幼いころに「楽じゃなく楽しいを考える」と言われたことについて語ります。

木兎にとって、楽しいとは全部決めること、全部拾うこと、全部勝つことです。

だから、そのために努力することは地味なことだろうがつらいことだろうが関係ないのです。

ここで試合に戻ります。うまくブロックにあて、リバウンドさせた木兎、もう一度赤葦にボールをあげてもらいます。

強烈なスパイクが来る、と誰もが思いましたが、まさかのフェイントです。狢坂高校の選手、マネージャー、解説、皆あっけにとられます。

テンションをあげながらも冷静な木兎、再び強烈なサーブを放ち、狢坂高校を乱しボールは梟谷学園側へ戻ってくるチャンスボールに・・・、と思いきや桐生はそのボールを打つつもりです。

ボールの行く先はどうなるのでしょう。

ハイキュー!!【335話】の感想・考察

いつも木兎が全力な理由がわかる好い回でした。

一般的に楽をして勝ちたいという人は多いとおもいます。

そうでなくても、ひたすら全力で勝つために頑張るという人もいるかもしれません。

そんな中で、楽しむことを考える木兎のやり方がすごく好きです。

木兎はすごく純粋です。

リバウンドが成功し、点を入れた木兎がキラキラした顔で喜ぶシーンもとても好きでした。

声を出して笑う赤葦もレアですごくよかったです。

予想外に1話で、第3セットも19対20まで進んでしまいましたが、この先どうなるのでしょう。

梟谷学園勝ってほしいです。

回想シーンの、「勝つことに飽きてしまった」という天才ライバルキャラ猿杙も突減のギャグに笑ってしまいました。

今週も面白かったです。

次回のハイキュー!!【336話】は、週刊少年ジャンプ10号、2019年2月4日発売です☆

ハイキュー!!【335話】を見た読者の感想

ハイキュー!!【335話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

ハイキュー!!【335話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です