刃皇と冴ノ山火ノ丸相撲【227話】最新話のあらすじ内容やネタバレ・感想

火ノ丸相撲 最新話 ネタバレ 感想

火ノ丸相撲【227話】の気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに火ノ丸相撲【227話】を無料で読みたい人はコチラ☆

火ノ丸相撲【227話】のあらすじ・ネタバレ内容

前話での大包平と童子切との試合の続きから話は始まります。

両者が土俵から下に落ち、大包平が負けたのではと思いきや、軍配はどちらにあがったかというと、なんと大包平でした。

大包平は拳をぐっと軽く握って喜びとその勝ちの重みを表し、自分はここからだと気合を入れ直します。

解説席でもモニターで勝敗を確認したところ、やはり大包平の勝ちで間違いないとのことでした。

ただ、大包平が左肘を痛めたのではと解説者は心配します。

大包平自身も左肘を気にしましたが、動くので大丈夫だと安堵します。

一方、童子切は怪我をしてしまったのではと観客席から声が上がり、その様子を見た大包平は一瞬青ざめますが、童子切は大丈夫な様子を見せ、大包平に労いの言葉をかけてその場を去って行きました。

ここでは童子切の怪我の実際の有無はわからずじまいです。

大包平と童子切の試合の歓喜に観客が浸っているところに、次の試合へと準備が進められていきます。

ところが次に試合を控えた刃皇が登場するや否や、なんと大包平が渡した水の入った柄杓で、その水を大包平の顔にぶちまけ会場をざわめきさせます。

刃皇の顔は般若の様に怒りに狂い、大包平に暴言を吐きます。

しかし怖気着いたと思いきや、大包平は対抗し、刃皇に堂々と宣戦布告します。

観客席は刃皇の無礼さに大ブーイング状態となっています。

その刃皇の対戦相手は冴ノ山で、主人公の火ノ丸と同部屋の兄弟子です。

火ノ丸は今日の冴ノ山は良い相撲を取ると信じています。

確かに冴ノ山はこの大ブーイングの中、冷静さを保っていいました。

冴ノ山は今まで刃皇に一度も勝ったことはありません。

しかし今回、怒りに狂った刃皇相手に、冴ノ山は素晴らしい立ち合いを見せす。

刃皇と冴ノ山の取り組みの勝敗は次号に持ち越しとなります。

火ノ丸相撲【227話】の感想・考察

今回は主人公の火ノ丸がメインではなく、大包平と冴ノ山に焦点を当てていました。

普段あまり語られることのない大包平が必死に勝ち取った童子切からの一勝に良かったなと、頑張ったなと思わされました。

また、けがをしたかもしれない童子切を気遣うところの優しさも大包平の人の良さが出ていてよかったです。

刃皇への宣戦布告には、感情を奮い立たせた大包平も普段冷静な大包平なので、新鮮味がありました。

また、怒りに満ちた刃皇のひどい不作法には驚きと怒りを感じてしまいました。

なんとも子供っぽくて嫌なキャラだと思わされます。

対戦相手として出てきた冴ノ山には、早く刃皇に勝ってくれることを期待します。

また、冴ノ山の冷静さには流石だなという感じがしました。

まとめ

火ノ丸相撲【227話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です