火ノ丸相撲【230話】最新話のあらすじ内容やネタバレ・感想

火ノ丸相撲 最新話 ネタバレ 感想

2019年2月25日発売日の週刊少年ジャンプ13号にて、火ノ丸相撲【230話】が掲載されています。

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに火ノ丸相撲【230話】を無料で読みたい人はコチラ☆

火ノ丸相撲【230話】のあらすじ・ネタバレ内容

「当たった瞬間に・・はい、勝ったと思いました」関脇、冴ノ山が刃皇との取組での勝利者インタビューを、テレビで刃皇の妻の由美が見ている所から始まります。

テレビを見ている時にインターホンが鳴ります。

ドア開けると刃皇がいました。

「おかえりなさい」と妻の由美は言います。

刃皇の顔は鬼のような形相で立っていました。

刃皇の体に塩を指先で掴み、そのまま刃皇にパッパッと振ります。

そして刃皇が玄関で正座をし「お願いします」と一言、言いました。

すると妻の由美が上着をススっと胸の下辺りまでめくり上げます。

「どうぞ」と妻の由美が言うと、刃皇は上着のめくり上げた所に顔を埋めこみました。

「愛の無い相撲を取りました・・・」と刃皇が懺悔をするかのように語り出しました。

そして、妻の由美も優しく受け答えしました。

翌日、朝陽川部屋はシーンと静まりかえっていました。

そんな重たい空気の中で刃皇が「彰平・・」と呼びました。

昨日の立ち会いでのアドバイスを言いました。

そして柴木山部屋では、鬼丸 国綱がマッサージを受けていました。

冴ノ山が鬼丸 国綱に次の童子切 安綱との取組について話をしました。

冴ノ山が童子切について語り出します。

その話を聞き鬼丸 国綱は、今の自分が童子切にどう写るのか・・そう思いました。

鬼丸 国綱が「勉強代に星をくれてやるつもりはない」そう意気込みを言ったのです。

八日目、大包平と大典太との取組です。

学生時代に大典太に言われた事を思い出す大包平、鬼の形相になり、大典太を投げようとします。

投げられる時に大典太が「この投げは危険だ・・」と思いそのまま投げられます。

大典太は負けてしまい、大包平は全勝をキープします。

大典太が大包平に「ったく・・危ねぇ事してくれるじゃねぇか先パイ」と言い、大包平は「良かったな お前は壊れなくて」と言いました。

そして帰っていく大包平、すれ違いざまに入っていく童子切が「おーおー今日も仰山見てくれとりますわ・・」ケガをした足をズズと引きずり歩いていく後ろ姿を見ながら、大包平は「・・どうして出てきた」そんな状態で何が出来るのかと不思議に思いながら鬼丸 国綱を見上げます。

周りの観客もテーピングが痛々しいと心配しザワザワとざわめいています。

そして、鬼丸 国綱と童子切の取組が始まります。

先に童子切の張り手が当たり、鬼丸 国綱は「へへ」と笑い、「どんな状況だろうが関係ねぇ」「相手はあの・・天王寺獅童なのだから・・」そう思い顔をあげました。

火ノ丸相撲【230話】の感想・考察

あの刃皇のあらたな一面が見れて、とても驚いています。

そしてあんな一面すらも受け入れる妻の由美の器の大きさが圧巻ですね。

そして昨日の取組での刃皇と大包平からの絡みもびっくりしました。

気まずい空気でいたたまれないと思いきや、刃皇から大包平へのアドバイスです。

不思議な師弟関係にもびっくりです。

鬼丸もマッサージを受けている時の柔らかな顔にはクスッと笑えました。

冴ノ山と鬼丸 国綱との師弟関係も良い感じで良かったです。

童子切と鬼丸との取組も楽しみですね。大包平と大典太との取組には大包平の怖さが際立っていましたね。

これからの取組がとても楽しみになる回だと思います。

そして最後の鬼丸 国綱と童子切の取組の始まりで終わるシーンは次回がとても気になります。

勝ってほしいのは鬼丸 国綱ですが、童子切にも負けて欲しくない心境、どんな取組を見せてくれるのでしょうか、先が楽しみになります。

次回の火ノ丸相撲【231話】は週刊少年ジャンプ14号、2019年3月4日発売です☆

火ノ丸相撲【230話】を見た読者の感想

火ノ丸相撲【230話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

火ノ丸相撲【230話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です