僕のヒーローアカデミア【209話】最新話のあらすじネタバレと感想(22巻掲載)

僕のヒーローアカデミア 最新話 ネタバレ 感想

2018年12月10日発売日の週刊少年ジャンプ2号にて、僕のヒーローアカデミア【209話】が掲載されています。

タイトルは『第5セットスタート』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに僕のヒーローアカデミア【209話】を無料で読みたい人はコチラ☆

僕のヒーローアカデミア前回【208話】のあらすじ・ネタバレ内容

オールマイトとの会話の中で得た「勝って救ける」という方向性で進化するかっちゃん。

相変わらず口の悪い彼ですが、チームメイトを体を張って助ける胸熱な回でした。

自分の力だけではなく、他人に頼る、任せることが出来る様になったかっちゃんは宣言通りの4-0で完勝。

僕のヒーローアカデミア【208話】の詳しいネタバレはこちら
僕のヒーローアカデミア 最新話 ネタバレ 感想僕のヒーローアカデミア【208話】の最新話ネタバレ内容と感想(22巻掲載)

それでは、今週のネタバレ行ってみましょう~♪

僕のヒーローアカデミア【209話】の最新話あらすじ・ネタバレ内容

「わずか5分足らず…!!思わぬチームワークでA組4-0の勝利だ!!」

ブラドが放送で結果を告げます。

「必要以上の損壊も出さず、補足からの確保も迅速。機動力・戦闘力に優れた爆豪を軸に3人ともよくあわせた」

「過去のデータと戦闘力の差を考えた堅実な手法だった。が、固めすぎて骨抜のような柔軟さに欠けた!」

A組B組それぞれ担当教師から第4セットの総評が出されます。

「皆までダサイ事になっちゃってごめん…」

取蔭が謝りますが

「いやぁあんだけ動ける奴が”いい子ちゃん”になっちゃったら穴なんかねえよ…」

「この敗北を胸に刻もうぜぇ…」

泡瀬や鎌切は一緒に受け止めます。

「かっちゃん!おめーやりゃできるのなァ!耳郎かんぜんヒロインだったわ」

テンションの上がる上鳴に

「ウチヒーローだし」

耳郎が答え、

「不良が子猫拾った感じだよなー」

瀬呂が茶化します。

「震えたよ!」

オールマイトが爆豪に感想を伝えますが

「風邪でもひいてんじゃねーの」

と、そっけない態度で通そうとします、が

「かっちゃん!」

「どけカス!」

緑谷に声を掛けられると脊髄反射で暴言を吐きます。

「進行方向上にいないけど…!!」

そのまま緑谷を見ないまま爆豪は言います。

「俺ァ進んでんぞ」

「うん 凄かった!」

「ケッてめーにゃ追いつけねぇ速度でだ」

睨みつけながら爆豪は言いますが

「超えるよ!」

緑谷は正面から受け止めます。

「うるせえな。んな事言いに来たんか、てめーには絶対超えられねぇよボケゴミカスが!」

そういうとそのまま行ってしまう爆豪の背中に

「見ててよ」

緑谷は語りかけます。

「いい幼馴染をもった」

それを見ていたオールマイトが緑谷の傍で呟きます。

「あの激昂ヒステリック爆発男が…、素晴らしいじゃないか」

ヒクヒクと顔を強張らせながら物間が言います。

「物間~~ごめんなァB組勝てなくなっちゃった」

取蔭が謝ると

「何を謝るんだい取蔭!!未熟だった同胞が省みて成長している、いいことさ」

饒舌に物間は語ります。

「確かにB組の勝利は消えたが、まだ負けてない。僕はね、わかってほしいだけさ。 何のトラブルも起こさない真面目な者と悪目立ちして不相応な注目を浴びる者、どちらが正しいのか」

そしてこう締めくくります。

「誰もが他人の人生の脇役であり、自分の人生の主役なんだ」

「でどーする?」

「”で”って言うなよォ!!」

第5セットチームメンバー柳から軽く流された物間が物申しますが、

「やはり取蔭さんたちと同様の形でよいと考える。バランス的にも彼女らと我々チームは類似している。テクニカルな”個性”の持ち主が揃っていて身を隠したままの攻撃手段が豊富だ。そして何よりこっちは5人だ、白兵戦を仕掛けるメリットがない」

と、作戦会議は始まります。

淡々と分析がされましたが、

「でも今の戦い見るとやっぱ緑谷ウラメシくない?」

特殊な言い回しをする柳に、心操はが?を飛ばしていると

「彼女語で”こわい”の意さ」

と、フォローが入ります。

そして柳による緑谷の戦力の分析が始まります。

「機動力を戦闘力でいえば爆豪と同等かそれ以上じゃんね。最近になって遠距離も習得したらしいし。こっちがちょっとでも綻んだらさっき同様、あいつに突破口ひらかれるよ」

「じゃあ緑谷最優先で決定だね。何としてもまず緑谷をいただく。ただ…あいつには洗脳を自力で解かれてる」

作戦方針を聞いて心操が言います。

「けど物間の力と合わせれば抑える事は可能だと思うよ」

「アテにされすぎるとコワイな。僕の方は「スカ」の可能性がある。何にせよ、動きを止めなきゃ始まらない、頼むぜ心操くん」

ブラド、相澤、オールマイト、ミッドナイトが集まり話しています。

「最終だ」

「心操くんどうですかね」

「ヒーロー科編入の可否を見極める下準備。第一セットでは充分な活躍を見せたが また同じ手が通用するかどうか」

「A組も強力なチーム……頑張ってほしいですね—」

4人かたまって開始地点に移動するA組5セット目チーム。

メンバーは、緑谷、麗日、芦戸、峰田。

「とりあえず心操でいんだよな、不安なってきた。洗脳されたくねーーーーよ」

頭をクルクルとこする峰田に、麗日は

「あんまそこだけに捉われんよーにね 向こうは姿見せなくてもどっから来るかわかんない攻撃が揃ってるもん」

と、注意し、

「浮かす!」

「溶かす!」

「くっつける!」

3人はそれぞれの特性を確認しあいヘッコリします。

「不利なんだよな—」

「やっぱオイラの「モギモギグレープ畑作戦」いこうぜ!」

「誰も引っ掛かんないよ、とにかく!先に見つけて罠にハメる!これね!」

「その囮役僕が—!!」

会話に混ざらず近くのパイプを移動していた緑谷がザっと降りてきます。

「どう?なんか”個性”がへんかもとか言ってたけど—…」

芦戸に確認され

「うん、全然なんともないやいつも通り!ただ…あの4セット目見せられたら向こうは僕を警戒すると思う…!いつも以上に動かなきゃ」

と緑谷は意欲を見せます。

「大丈夫かよー…おまえ頼りだぜ…?」

峰田に言われますが、

「大丈夫。絶対勝てる」

自信を漲らせ、緑谷は答えます。

「前はもっとキョドってたのになァ…」

峰田にぼやかれながら、緑谷は思います。

(違和感はない…あんな発破かけられて情けないとこ見せられない!!)

「第5セット目!本日最後だ!準備はいいか!?最後まで気を抜かずに頑張れよ—!!スタートだ!」

「っと失礼」

わーたーしーがー、と着信音が鳴りオールマイトが電話を手に取ります。

「切っといてくださいよ、もー」

ミッドナイトにどやされながら、画面を確認し

「ごめん、ちょっと出ます」

グラントリノからの着信にオールマイトは場所を変えます。

その頃タルタロスでは

「1541番だ、また動きやがった」

「昨日から何回目だ」

警備員たちがぼやいています。

「…刑の確定と執行…急げないものかね。こっちの身が持たん」

「”一人殺せば殺人、百万殺せば英雄”」

「チャップリンだっけか」

「先日も現れたろう?”ギガントマキア”直系の部下だ」

「ヴィラン連合だけじゃない、こいつのシンパがどれだけ潜伏しているか…今は下手に刺激しない事が大事なんだよ」

噂の主、収監され拘束具に繋がれた”オール・フォー・ワン”は言います。

「いやぁ…迷惑をかけてすまない。あまりの懐かしさに…体が疼いてしまってね」

ニヤリとした口元になりながら漏らします。

「弟の声がする」

僕のヒーローアカデミア【209話】の最新話感想・考察

勝って救ける、を目の前で実行して見せられたデクが燃えていますね。

救助者は設定されていないバトルなので救けて勝つ、は実行して見せにくいですが同じく無傷で勝利と行きたいところですね。

心操とは少し因縁めいたものがありますし、対策もとられてしまうので得意のぶつぶつ作戦立てで、チームメンバーの良いところを引き出していきたいです。

と、ほのぼの学園編だったのに最も不穏な人が出てきちゃいましたね。

弟というのがワン・フォー・オールだとしたら、緑谷が”個性”が変だと言っていたというところに繋がるのでしょうか?

次回が楽しみです!

次回の僕のヒーローアカデミア【210話】は、週刊少年ジャンプ3号、2018年12月17日発売です☆

僕のヒーローアカデミア【209話】を見た読者の感想

僕のヒーローアカデミア【209話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

僕のヒーローアカデミア【209話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です