僕のヒーローアカデミア【220話】最新話のあらすじネタバレ・感想

僕のヒーローアカデミア 最新話 ネタバレ 感想

2019年3月18日発売日の週刊少年ジャンプ16号にて、僕のヒーローアカデミア【220話】が掲載されています。

タイトルは『僕のヴィランアカデミア』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに僕のヒーローアカデミア【220話】を無料で読みたい人はコチラ☆

僕のヒーローアカデミア前回【219話】のあらすじネタバレ

実力は十分だったのに漏れていた二人がついに仮免許を取得!と同時に大活躍でしたね!

寮に帰ったあとの上鳴の反応が気になりますね。

デストロの意思を継ぐ者たちの動きは本当に不気味です。

今までのヴィランと違って用意周到というか…違う路線の悪という感じですね。

死柄木たちは新メンバーのスカウトにでも来ているのでしょうか?

無双されていますが…もし仲間にすることができればその分強さは折り紙付きですね。

僕のヒーローアカデミア【220話】のあらすじ内容

「どうやって入った!?」

「こいつら…ヴィラン連合だぞ」

口々に呟いているのは異形排斥主義集団通称CRC現代のシーラカンスです。

その名の通り異形型の人間を差別し暴行に勤しむ、いわば宗教集団のアジトに潜り込んだヴィラン連合の面々は各々勝手に物を漁り始めます。

「金になるもの探してるんだ、これ高いの?ちょっとばかし金欠でよう。強盗なんてスマートじゃねェよな、俺もできれば避けたかったさ」

Mr.コンプレスが棚の上の人形をガシャガシャと触りながら言います。

骨のような仮面をつけたシーラカンス達はその行為に腹を立て、

「ここは聖域!!穢れた咎人は!出て行け!」

と、叫びながら火の付いたままの燭台を振りかぶり殴りかかってきます。

その攻撃を躱しつつ、死柄木は相手の後頭部を掴みます。

「用が済んだら出ていくよ…長居されたくなきゃ……邪魔するな」

その言葉をキッカケにして、戦闘が始まり部屋はシーラカンス達の血で染まりました。

血に塗れた部屋の中で物色を続けるヴィラン連合。

「あー!」

と、突然声をあげるトガの装備の一部が折れてしまっています。

それに便乗したようにMr.コンプレスが言います。

「俺の義手も軋みがひどい。義爛に新調してもらおうや」

その金がねェンじゃねェのか!?と揉め始めます。

「こんな生活いつまで続けるんだ?」

工事現場の一画にあるボロボロの部屋の一室をアジトにしているのか、皆腰掛けている中一人立ち上がっているスピナーが死柄木に向かって尋ねます。

「終わるまでだよ」

テーブルに足を放り出しながら事も無げにいう死柄木の言葉を聞いてMr.コンプレスが、八斎會と組んだままなら寿司でも食ってたかなと茶々を入れてきます。

冗談だろ、と吐き捨てる死柄木。

それを聞いたMr.コンプレスは笑いながら

「ただまァ、お国を騒がす敵連合の実像がこれとは憧れて下さる皆さんに申し訳が立たねェな」

と言います。

「何だ、全員お揃いかよ。仲間集め勤しんでンのは俺だけか」

ガラっと横開きの戸を開けて荼毘が合流しました。

「おめーは焼き殺し回ってるだけじゃねェか!」

トゥワイスに突っ込まれた荼毘は、ゴミしかいねェんだと答えます。

「何の志もなくただ生きてるだけのゴミが多くてさ」

そんな様子をみて、ヴィラン連合はグダリきっている、とスピナーは考えます。

「黒霧が捕まってもう1か月くらいか」

死柄木がぼそりと零します。

黒霧は大事を為すため、オール・フォー・ワンが遺した力を手に入れようとした様子です。

「…結局失敗しやがった。おかげで『ドクター』探しも難航中だ」

ドクターは、オール・フォー・ワンの主治医で脳無の開発と管理を行っていた人物です。

用心深くアジトのパソコンでしかコンタクトが取れなかったようです。

「…なァ、俺達一体どこに向かってるんだ?」

ダラダラとしたやりとりに我慢の限界といった感じのスピナーが口を開きました。

「俺はステインに触発されてここにいる!前時代的価値観の残る田舎でトカゲやろうと蔑まれ育ってきた」

突然語り出したスピナーに死柄木は、はぁ?と返事をしますがスピナーは続けます。

「それが当たり前だと思っていた!俺の心には何も無かった、夕方の報道番組でステインの最後を見るまでは!」

ジリジリと死柄木に近づいて行きます。

「彼は世界を変えようとしていた!一人で!俺は初めて世の中が窮屈なんだと知った!いても立ってもいられなかった!そしてここにいる!」

感情と共に段々と歩速を上げながら近づいたスピナーは、接近した死柄木の襟首を掴むと叫びました。

「だからこのダラけた現状がわからねえ!どでけえ風穴ぶち開けられると思ってた!答えてくれ死柄木!俺たちはどこに向かってるんだ!!」

「だから…」

襟首を掴まれたままの死柄木が返事をしようとしたそのとき、ドドッと轟音が響きます。

慌てて部屋から出るヴィラン連合。

「探した…やっと見つけた。おまえがオール・フォー・ワンを継ぐものか」

一歩歩くごとに地面が崩れる程の大男が問い掛けてきます。

「……これが力かァ…!?黒霧!」

大男を見上げながらニヤリと口の端を吊り上げた死柄木が言います。

「先生が遺してくれた戦力らしい」

と説明している間に、大男は首から下げていたラジオのようなものを横に置きます。

「俺は、オール・フォー・ワンに全てを捧げる。さァ後継…その価値おまえに在るのか示してくれ」

突然の展開に死柄木は思わず声を漏らします。

「は?」

「あんまりだ…!主よ!なぜだァアアア!!?彼は!弱すぎる!!!」

ヴィラン連合をなぎ倒した大男は泣き叫びます。

頭を抱えて泣き叫ぶ大男に戸惑うヴィラン連合の面々。

ずっと雑音の流れていた大男の置いたラジオのようなものから、突然しっかりと声が聞こえます。

「困ってるようじゃな…、死柄木よ」

「ドクター」

僕のヒーローアカデミア【220話】の感想・考察

ステインの残滓とも言える面々が沢山生まれた中でも、スピナーは恰好からしても大きく影響を受けていましたね。

その思想に共感しすぎてしまったからこそ悪の道に染まってしまったようですが、もう少し周りの環境が良ければヒーローの方に心が向かえたのでは無いかと思うと非常に勿体ないですね。

死柄木の方も”主人公補正”のようなものが掛かっているかのような状況への導かれ方ですが、一旦は瓦解しかかったというのに名前からして『頭脳』系と見かけ的にに明らかな『力』が加入してしまいそうです。

悪の力の増大はけしからんことですが、次回が楽しみですね!

次回の僕のヒーローアカデミア【221話】は、週刊少年ジャンプ17号、2019年3月25日発売です☆

僕のヒーローアカデミア【220話】を見た読者の感想

僕のヒーローアカデミア【220話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

僕のヒーローアカデミア【220話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です