鬼滅の刃【143話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年1月28日発売日の週刊少年ジャンプ9号にて、鬼滅の刃【143話】が掲載されています。

タイトルは『怒り』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【143話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃、前回【142話】のあらすじ・ネタバレ内容

生まれた瞬間から才能に恵まれた童磨と、コンプレックスの多いしのぶの戦いとなりましたね。

家族への愛情も正反対な印象の二人でしたが、ある意味で童磨の愛情は公平なものだったのかも知れませんね。

持っているものが多すぎた為早くに色々と諦めてしまったのかと思うと哀れでもあります。

コンプレックスを感じながらも、柱になる程の研鑽を積み努力を辞めなかったしのぶは、カナエやカナヲとの約束を背負ってより強くなれるのでしょうね。

小ささを活かしてより低い位置からの攻撃は、しっかり突き刺さったように見えましたが果たして…

詳しいネタバレはこちら☆
鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想鬼滅の刃最新話【142話】のネタバレ感想(15巻掲載予定)蟲柱・胡蝶しのぶ

鬼滅の刃【143話】のあらすじ・ネタバレ内容

(幸せの道はずっとずっと遠くまで続いているって思いこんでいた)

小さな頃のしのぶ達家族が思い出の中、4人共笑顔でいます。

(破壊されて、初めてその幸福が薄い硝子の上に乗っていたものだと気付く)

見るも無残、血塗れになった両親と姉がしのぶを庇っています。

(そして自分たちが救われたように、まだ破壊されていない誰かの幸福を強くなって、守りたいと思った)

しのぶとカナエは悲鳴嶼に間一髪助けられました。

(そう約束した)

「鬼を倒そう1体でも多く、二人で。私たちと同じ思いを他の人にはさせない」

姉との指切りを思い出しながら、童磨の頸に刀を突き込みます。

(力が弱くても、鬼の頸が斬れなくても)

天井にまで突き上げた勢いが無くなり重力に引かれ落ちながら、しのぶは童磨から目を離しません。

(鬼を一体倒せば何十人、倒すのが上弦だったら何百人もの人を助けられる。できるできないじゃない、やらなきゃならないことがある)

頭の中で炭治郎が問い掛けが蘇ってきます。

(怒ってますか?)

(そう、私怒ってるんですよ。炭治郎君。ずっとずーっと怒ってますよ)

しのぶの脳裏を様々な人たちがよぎります。

(親を殺された、姉を殺された、カナヲ以外の継子も殺された、…あの子たちだって本当なら、鬼に身内を殺されてなければ今も家族と幸せに暮らしてた)

落下しながらしのぶは眉根を寄せます。

(ほんと頭にくる、ふざけるな馬鹿。なんで毒効かないのよコイツ、馬鹿野郎)

落ちていくしのぶを童磨は血鬼術の氷の蔦で絡めとります。

「えらい!!頑張ったね!」

天井に引っ付いたまま童磨は、しのぶを力強く抱きしめます。

「俺は感動したよ!!こんな弱い女の子がここまでやれるなんて、姉さんより才も無いのによく鬼狩りをやってこれたよ!今まで死ななかったことが奇跡だ!」

涙を浮かべながら、しのぶをひしと抱きしめる童磨。

「全部全部無駄だというのにやり抜く愚かさ!これが人間の儚さ、人間の素晴らしさなんだよ!」

ボロボロと大粒の涙を零しながら童磨が言います。

「君は俺が喰うに相応しい人だ!永遠を共に生きよう!言い残すことはあるかい?聞いてあげる!」

「地獄に堕ちろ」

しのぶは鼻に皺が寄る程怒りに満ちた顔で言いました。

「!?」

カナヲが急ぎ扉を開け放つと天井に張り付いた人影。

「師範!!」

しのぶの左手が不思議な形に曲がります。

それを見た童磨は抱きしめる腕に力を込めました。

ゴキンっと鈍い音が部屋中に響き、しのぶの手から刀が落ちます。

「うあああああああ!」

雄叫びを上げながらカナヲは花の呼吸・肆ノ型、紅花衣を放ちます。

「!!」

が、尋常ではない速度で童磨は移動していました。

「いやー危ない危ない。吸収してる最中に斬りかからないでおくれよ」

にっこり笑う童磨の体内に埋まるようにしのぶが取り込まれていきます。

震えるほどの怒りを懸命に抑えるカナヲ。

「おや?挑発に乗らないねェ。この子がさっき指文字やってたからかな?俺の能力とか教えたのかい?」

一瞬だったのに凄いなぁ、と感心し

「無駄なのにね。頑張り屋さんだね」

とかろうじて残っているしのぶの後頭部を撫でる童磨。

「それにしても今日は良い夜だなぁ、次から次に上等な御馳走がやってくる」

しのぶの髪飾りを童磨はべろりと舐めます。

(好きな人や大切な人は漠然と、明日も明後日も生きてる気がする。それはただの願望でしかなくて、絶対だよと約束されたものではないのに)

血走った目で童磨を見つめるカナヲには、笑顔の胡蝶姉妹の姿も映りました。

(人はどうしてかそう、思い込んでしまうんだ)

「いるんだろ、出て来い。そこにいるのは分かってる」

善逸が襖の奥に話し掛けます。

「口の利き方がなってねぇぞ、兄弟子に向かって」

長く尖った爪が襖を開けます。

「少しマシになったようだが、相変わらず貧相な風体をしてやがる。久し振りだなァ善逸」

刀を背負う鬼の目には”上弦の陸”である文様が見受けられます。

善逸は鬼を見据えながら言います。

「獪岳、鬼になったお前を俺はもう兄弟子と思わない」

鬼滅の刃【143話】の感想・考察

しのぶがやられてしまいました…。

コンプレックスを克服する意味でも是非勝利して貰いたかったのですが、天賦の才と異常性に力及びませんでしたね。

引き継がれる思いを力にカナヲには頑張って勝利して欲しいのですが…誰か来て欲しいです!

善逸超本気シリアスモードなのは恰好良いのですが、兄弟子ということは剣技と呼吸を使えるということなのでしょうか?

最近の修行で強くなった善逸のことは知らないとしても驚異的ですね…、にしても”兄弟子”の鬼が上弦の陸なのに、童磨は弐…。

兄弟子が呼吸は使えないと信じたいですね。

次回も楽しみです!

次回の鬼滅の刃【143話】は、週刊少年ジャンプ10号、2019年2月4日発売です☆

鬼滅の刃【143話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【143話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

鬼滅の刃【143話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です