鬼滅の刃【144話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年2月4日発売日の週刊少年ジャンプ10号にて、鬼滅の刃【144話】が掲載されています。

タイトルは『受け継ぐ者たち』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【144話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃、前回【143話】のあらすじ・ネタバレ内容

しのぶがやられてしまった前回。

コンプレックスを克服する意味でも是非勝利して貰いたかったですが、天賦の才と異常性に力及びませんでした。

引き継がれる思いを力にカナヲには頑張って勝利して欲しいのですが…誰か来て欲しい。

最近の修行で強くなった善逸のことは知らないとしても驚異的。

にしても”兄弟子”の鬼が上弦の陸なのに、童磨は弐…。

兄弟子が呼吸は使えないと信じたいです。

詳しいネタバレはこちら☆
鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想鬼滅の刃【143話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想

鬼滅の刃【144話】のあらすじ・ネタバレ内容

ガタンっと突如炭治郎の足元に大穴が開きます。

咄嗟に右手を縁にかけ、力を籠め体を引き上げます。

「気を抜くな!」

「はい!!」

(この建物自体がうごうごと脈打って生きてるみたいだ、義勇さんと俺を散り散りにしようとしてる。できるだけ他の隊士たちと合流して離れず、無惨の所へ向かわなければ)

前を行く義勇を追い走りながら、炭治郎は考えます。

(珠世さんがいつまで耐えられるかわからない、だけど無惨の居場所は…)

突然並走するように飛んでいた鴉が鳴き叫びます。

「カアアア—-ッ死亡!!胡蝶シノブ死亡!!上弦ノ弐ト格闘ノ末死亡—-ッ!!」

思わぬ報告に走りながらも唖然とする炭治郎と義勇。

しのぶの笑顔や、カナヲ達に囲まれているしのぶの姿を思い出し炭治郎の目に涙が浮かびます。

「カアァ—ッ!!」

依然として並走してくる鴉を見ながら義勇は思います。

(鴉…、首に下げている紙はなんだ?伝達が異様に速い)

「カアァ—ッ!!」

「しのぶが死んだ。他の柱はまだ生きている」

「はい」

「上弦と対峙したのはしのぶだけ?」

「いいえ」

「愈史郎さんの”眼”を借りた鴉は半数に届いたかな?」

「まだです」

子供が三人地図のようなものを描きながら話しています。

三人ともに、額には鴉が首に下げていた紙と同じ文様の書かれた紙が貼られています。

三人の内、真ん中に座りただ一人黒髪の少年。

産屋敷輝利哉、齢八歳にして産屋敷家の当主となった、産屋敷家の長男です。

父・母・姉二人を亡くしても悲しむことすら許されない状況にいます。

それは後ろに控える妹二人も同じ。

妹の名はくいなとかなた。

姉の名はひなきとにちか、二人は母同様、父の傍を離れようとしなかった。

父は厳しかったが、長く生きられなかった為。

同じように厳しく優しかった母ももういない。

輝利哉は父に代わり、鬼殺隊のこどもたちの父にならなければなりません。

「情報が少ないね、鴉たちに一枚でも多く”眼”を撒くよう伝えて」

「はい」

「無惨の位置は動いてない。今の段階では全員の位置が遠い、北へ誘導して」

地図を指差し確認しながら輝利哉が言います。

「上弦と対峙しているのは…そうか。カナヲと」

「我妻隊士です。上弦の陸と鉢合わせました」

言葉を継いで妹達が報告しました。

「変わってねえなあ。チビで、みすぼらしい、軟弱なまんまでよ」

獪岳は善逸を前にして矢継ぎ早に話します。

「柱にはなれたのかよ?壱の型以外使えるようになったか?なあ、おい善逸」

「適当な穴埋めで上弦の下っぱに入れたのが随分嬉しいようだな」

冷めきった目で見つめ返しながら善逸は答えます。

「へえ…ハハッ!!言うようになったじゃねぇか、お前…」

「何で鬼になんかなってんだ?」

「ははっ、お前には…」

獪岳が笑いながら答えようとすると

「雷の呼吸の継承権持った奴が何で鬼になった!アンタが鬼になったせいで!じいちゃんは腹切って死んだ!!!」

善逸は怒りに目を血走らせながら叫びました。

「爺ちゃんは!一人で腹を切ったんだ!介錯もつけずに!腹を切った時誰かに首を落として貰えなきゃ!長い時間苦しんで死ぬことになる!爺ちゃんは自分で喉も心臓も突かず死んだ!」

涙を零しながら善逸は叫び続けます。

「雷の呼吸の使い手から!鬼を出したからだぞ!!」

「知ったことじゃねぇよ、だから?なんだ?悲しめ?悔い改めろってか?俺は俺を評価しない奴なんぞ相手にしない!俺は常に!!どんな時も!!正しく俺を評価する者につく!」

善逸の涙の訴えに対し哄笑する獪岳。

「爺が苦しんで死んだなら清々するぜ!あれだけ俺が尽くしてやったのに俺を後継にせず、テメェみたいなカスと共同で後継だと抜かしやがったクソ爺だ!元柱だろうと耄碌した爺に用はないからな、ハハハハハ!」

獪岳の言葉を、拳を握り聞いていた善逸は不意に笑い出します。

「…フッ、ははっ…爺ちゃんは耄碌してねえよ」

右手の指を突きつけながら言います。

「俺がカスならアンタはクズだ!壱の型しか使えない俺と、壱の型だけ使えないアンタ!後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ!」

「テメェと俺を一緒にすんじゃねぇ!!!」

獪岳は背中の剣を叫びながら抜き、雷の呼吸肆ノ型・遠雷を放ちます。

黒い雷のようなものが迫る中善逸は腰の刀に手を掛けます。

あっという間に、剣を振り切った状態の獪岳の後ろに移動する善逸。

「おせーんだよ、クズ」

怒りに顔を引き攣らせる善逸に肩口を斬られる獪岳。

頸を押さえながら距離を取ろうとします。

(斬られた!!速い…コイツ!!動きがまるで別人だ!!)

鬼滅の刃【144話】の感想・考察

若くから大き過ぎる業を背負わされる産屋敷の一族大変過ぎますね…。

血の繋がった家族が亡くなったばかりでも、そのことを考える暇すら無いとか辛すぎます。

シリアスモードの続く善逸も獪岳も、双方ともにお爺さんの事を思っているように感じますが、プライドの高い獪岳には鬼に堕ちる程許せない事だったのですね。

そうゆう反抗期、と考えたら少しは共感出来ますが…。

善逸の方から考えたら、譲歩するところは無いですね。

自分以外の為の方が頑張れる善逸の真価が見られそうです。

しのぶと違い速い上に頸を斬れる善逸は、兄弟子に勝てるでしょうか、次回が楽しみです!

次回の鬼滅の刃【145話】は、週刊少年ジャンプ11号、2019年2月11日発売です☆

鬼滅の刃【144話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【144話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

<発売され次第更新予定>

まとめ

鬼滅の刃【144話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です