鬼滅の刃【145話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年2月9日発売日の週刊少年ジャンプ11号にて、鬼滅の刃【145話】が掲載されています。

タイトルは『幸せの箱』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【145話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃、前回【144話】のあらすじ・ネタバレ内容

若くから大き過ぎる業を背負わされる産屋敷の一族。

血の繋がった家族が亡くなったばかりでも、そのことを考える暇すらありません。

自分以外の為の方が頑張れる善逸の真価が見られそうです。

しのぶと違い速い上に頸を斬れる善逸は、兄弟子に勝てるでしょうか?

詳しいネタバレはこちら☆
鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想鬼滅の刃【144話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃【145話】のあらすじ・ネタバレ内容

(圧倒的強者に跪くことは恥じゃない。生きてさえいれば何とかなる。死ぬまでは負けじゃない)

獪岳は目の前に刀を置き土下座をしながら考えます。

(地面に頭をこすりつけようが、家が無かろうが、泥水をすすろうが…金を盗んだことを罵られようが)

脳裏に色々な場面が浮かびますが、獪岳は顔を伏せたまま土下座の姿勢を続けます。

(生きてさえいれば、いつか勝てる。勝ってみせる、そう信じて進んできたんだ)

「鬼となり…さらなる強さが…欲しいか…お前も…。あの方に…認められれば…我らの…仲間と…なるだろう…」

顔に六つの目を持つ【上弦ノ壱】が土下座する獪岳の前に立ち、左手を握り血を滴らせます。

「強い剣士ほど…鬼となるには時間がかかる…私は丸三日かかった…、呼吸を使える者を鬼とする場合…、あの方からの血も…多く頂戴せねばならぬ」

滴らせた血を、獪岳に手で受けさせながら上弦ノ壱は続けます。

「稀に鬼とならぬ体質の者も…、存在するが…お前はどうだろうな…」

血を両手の平いっぱいに注がれ、大粒の汗を浮かべる獪岳に

「有り難き血だ…、一滴たりとて零すこと罷り成らぬ…。零した時には…お前の首と胴は泣き別れだ」

上弦ノ壱は告げました。

(あの体中の細胞が絶叫して泣き出すような恐怖、あれに比べれば。こんな小物大したことはない。力をつけた所で、上弦には及ばない)

善逸に斬られながらも獪岳は観察します。

(我妻善逸、こいつはカスだ。いつもベソベソ泣いていた、何の矜持も根性もない…こんなカスと二人で後継だと抜かしやがった糞爺!!)

「死んで当然なんだよオオ!!爺もテメェもォオ!!」

獪岳は”鬼”の形相となり、怒号とともに雷の呼吸・弐ノ型【稲魂】を放ってきます。

(一息で瞬きの間に五連撃)

「大勢人を喰ったな!もう善悪の区別もつかなくなったんだな?!」

問い掛ける善逸に獪岳は答えます。

「善悪の区別はついてるぜ!!俺を正しく評価し認める者は”善”!!」

応答しながら雷の呼吸・参ノ型【聚蚊成雷】を放つ獪岳。

(回転しながらの波状攻撃…)

受ける善逸は考える隙もありません。

「低く評価し認めない者が”悪”だ!!」

続けて伍ノ型【熱界雷】が放たれます。

「どうだ!?血鬼術で強化された俺の刀の味は!皮膚を!!肉を!!罅割って焼く斬撃だ!!」

さらに続けて陸ノ型【電轟雷轟】が放たれ、その威力の余波で善逸周辺の床や壁も破壊されます。

「喰らった斬撃はお前の体で罅割れ続ける!目に体に焼きつけろ!俺の力を!鬼になり雷の呼吸を超えた!!」

吹き飛ばされ落下していく善逸を見下ろしながら獪岳は哄笑します。

「俺は特別だ、お前とは違う!お前らとは違うんだ!!」

落下する善逸は、獪岳の顔を見上げながら思い返します。

(獪岳を見習え!!兄弟子のようになれ!!)

師である爺さんに言われた言葉を。

(雷の呼吸って壱の型が全ての型の基本だろ?壱の型だけ使えないってことは結局…なぁ?)

(他の型ができた所で大したことねえよ、それなのにあの獪岳って奴えらそうでよ)

隊士達が話していたのを聞いてしまった時の事を。

(柱になんかなれねえよ。どうせすぐ死ぬだろ。何すんだテメェ!!)

(上の階級の奴殴ったって?問題起こすなカスが。お前みたいなのがいるのは本当に恥だぜ)

思わず殴ってしまった善逸に向けられる獪岳の視線は辛いものでした。

(獪岳が、俺のことを嫌っていたのは十分わかっていたし俺だって嫌いだった。でも尊敬してたよ、心から。アンタは努力してたしひたむきだった)

いつも俺はアンタの背中を見てた、と善逸は隊士姿の獪岳の後姿を記憶の中で見つめます。

(特別だったよアンタは。爺ちゃんや俺にとって特別で大切な人だったよ。だけどそれじゃ足りなかったんだな…どんな時もアンタからは不満の音がしてた)

記憶の中の獪岳の寂しそうな後ろ姿を見つめます。

(心の中の幸せを入れる箱に穴が空いてるんだ、どんどん幸せが零れていく。その穴に早く気付いて塞がなきゃ、満たされることはない。…爺ちゃんごめん、俺たちの道は分かたれた)

善逸はグルンと回転し、壁の隙間に上手く着地します。

(まだ余力が—)

落下する善逸を見ていた獪岳が驚くと同時に

(ごめん、兄貴)

心の中で呟いた善逸の放った雷の呼吸・漆ノ型【火雷神】が炸裂し、獪岳の頸が斬られました。

(みっ…見えなかった!!何だ!?今の技、速すぎる、俺の知らない型だ、何を使った!?)

「畜生!!畜生!!やっぱりあの爺贔屓しやがったな!!」

落下しながら怒号を放つ獪岳。

「お前にだけ教えて俺に教えなかった!」

喚く獪岳に、同じく技を放ったそのまま落下する善逸は告げます。

「違う、爺ちゃんはそんな人じゃない。これは俺の型だよ。俺が考えた俺だけの型」

呆けたような表情で善逸はぼそりと零しました。

「この技で、いつかアンタと肩を並べて戦いたかった…」

鬼滅の刃【145話】の感想・考察

童磨戦とはうって変わって、多くをもっているものに勝てた善逸ですが悲しい勝利ですね。

身近に鬼になっても仲良く出来ている例があるので期待はあったから、途中までよく確認していたのかな、と思いました。

一つしか出来ないから一つを極めた、だけでなく派生させた善逸も才能があるもの、なのでしょうがずっと満たされないままだった獪岳のことも哀れに思ってしまいます。

生きてさえいれば、という考え方自体が間違っているとも思えませんし。

ずっとシリアスモードだった反動か燃え尽きたような表情になってしまっている善逸、気になります。

次回も楽しみです。

次回の鬼滅の刃【146話】は、週刊少年ジャンプ12号、2019年2月18日発売です☆

鬼滅の刃【145話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【145話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

鬼滅の刃【145話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です