鬼滅の刃【146話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年2月18日発売日の週刊少年ジャンプ12号にて、鬼滅の刃【146話】が掲載されています。

タイトルは『誇り』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【146話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃、前回【145話】のあらすじ・ネタバレ内容

童磨戦とはうって変わって、多くをもっているものに勝てた善逸ですが悲しい勝利です。

身近に鬼になっても仲良く出来ている例があるので期待はあったから、途中までよく確認していたのかな、と思いました。

一つしか出来ないから一つを極めた、だけでなく派生させた善逸も才能があるもの、なのでしょうがずっと満たされないままだった獪岳のことも哀れに思ってしまいます。

生きてさえいれば、という考え方自体が間違っているとも思えませんし。

ずっとシリアスモードだった反動か燃え尽きたような表情になってしまっている善逸、気になります。

詳しいネタバレはこちら☆
鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想鬼滅の刃【145話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃【146話】のあらすじ・ネタバレ内容

頸を斬られ落下する獪岳と、力を使い果たし同じく落ちていく善逸。

(七つめの技だと?六つしか型がない雷の呼吸から、七つめを編み出した?アイツが?壱の型しか使えない奴が?…俺よりも劣っていたカスが?)

頭だけの状態で考える獪岳。

(…耐えられない耐えられない!!そんな事実は受け入れられない!!あんな奴に俺が?俺が負けるのか?)

顎の方から粉々に消えていきながら獪岳は考えます。

(いや…違う負けじゃない。あのカスも落下して死ぬ。もう体力は残ってないはず、アイツも俺と死ぬんだ)

自分より上方にいるとはいえ、無抵抗に落下している善逸を見ながら考えた獪岳に

「人に与えない者はいずれ人から何も貰えなくなる。欲しがるばかりの奴は結局何も持っていないのと同じ。自分では何も生み出せないから」

「!?」

急に現れた隊士が言います。

「独りで死ぬのは惨めだな」

目と目が接触する程の距離でそう告げると、隊士は善逸を抱え通路に復帰します。

何かを叫ぶ獪岳は粉々になりながら落ちていきました。

「爺ちゃん!!ごめん俺!獪岳と仲良くできなかった!手紙も書いたりしてたんだ、でも返事してくんなくて!」

川を挟んだ向こうに見える老人に叫ぶ善逸。

「俺がいなかったら獪岳もあんなふうにならなかったかもしれない!ほんとごめん!!許して!!」

泣きながら必死に善逸は叫びます。

「何も恩返しできなくってごめん!爺ちゃんが生きてる内に柱にもさぁ…なりたかったんだけど!ごめん、爺ちゃんごめん!」

俺のこと嫌いになった?!と老人に近寄ろうとする善逸の足に彼岸花が絡みつきます。

「くそっ!何だこれ!足に絡まって!」

「善逸」

老人が口を開きました。

「!!」

「お前は儂の誇りじゃ」

涙を零しながら伝えてくる老人の顔を、善逸は自身も涙でボロボロの顔で見つめます。

「どうだ!?助かりそうか!?顔見知りなんだよ!なんとかしてくれよ!頼むからな!」

激しく損傷している善逸を寝かせ手当をする周りで、護衛している隊士が怒鳴ります。

「うるさい黙れ村田。味噌っかすの分際で。襲われないようしっかり周りを見てろ」

善逸を落下から救った隊士が呟き返します。

「おめえ!!階級何なんだよ!俺より下だったら許さねぇからな!」

激昂する村田に

(俺は鬼なんだから階級なんぞ知るか)

と思いつつ

「血鬼止めは使ってるが、この顔の傷罅割れが止まらなければ眼球まで裂けるぞ。聞こえてるか?」

善逸に声を掛けます。

「弱ってる奴に怖いこと言うなや!!」

「あと止血剤も使ってるが血が止まらない」

止めろー!!と怒鳴る村田は

「絶対大丈夫!絶対助かる!お前は死なねぇぞ!」

と大声で語り掛けます。

その声に呼応して周りを守る隊士たちも声援を送ります。

「お前の戦ってた上弦はまだ自分の術や能力を使い熟せてなかった、運のいいことだ。戦いが一年後だったら即死だったろうな」

治療しながら善逸を分析する隊士に

「気が滅入ることばっか!言ってんじゃね—-!!」

村田が怒鳴りますが

「大声出すから鬼が来たぞ、いい的だな」

通路の奥から鬼が押し寄せてきます。

ウワ—-ッと悲鳴を上げながらも向かっていく村田達とは逆方向に善逸を引き摺っていきます。

善逸を治療している隊士の正体は愈史郎。

無惨以外が鬼を増やせない中珠世の力で鬼となった唯一の個体。

素知らぬ顔で隊服を着用し紛れ込んで、隊員の救護及び援護を珠世から言いつけられていました。

村田達、行動を共にしていた隊員達はまさか鬼とは思っておらず。

珠世が鬼にした唯一無二の者故に。

悪態を吐きつつ戦闘する村田達に

「さっさと倒してくださいよ先輩」

と溜息を吐く愈史郎。

「おめえ後で覚えてろよ!」

敏感に反応し怒鳴り声が返ってきます。

善逸を寝かしなおしながら、目を閉じる愈史郎。

「…まずいな、遭遇する」

(上弦と全く遭遇しない、無惨のいる場所はまだ遠いのか!?他のみんなはまだ無事か!?)

義勇について通路を走りながら、炭治郎は考えます。

(しのぶさん…!きっと勝ちますから、きっと皆が…俺たちが!!)

突如ガガガガガゴゴゴゴゴ…と轟音が響きます。

「「!?」」

異変に足を止める二人。

「何だこの揺れは!!」

「ぎ、義勇さん!」

「止まれ!!落ち着け!」

グラグラと揺れる足場で刀を構えつつ考える炭治郎。

(また誰か戦ってるのか!?また誰かが死んでしまうのか!!…いや違う、…こっちに近づいてる?)

焦りながらも炭治郎は気付きます。

(この匂いは…!)

「上だ!!炭治郎下がれ!!」

天井を叩き割って人影が下りてきます。

「久しいなァ、よく生きていたものだ。お前のような弱者が」

眼には”上弦ノ参”の印。

ニヤリとした笑みを浮かべ炭治郎に襲い掛かってきます。

「竈門!炭治郎!!」

「猗窩座アアアア!!」

ハァハァ…と荒い息を吐く珠世は”肉”に埋もれています。

(恐らく、この…肉の繭のようなものの中で人間に戻る薬を分解しているのね。…いずれ私も取り込まれる…お願い誰か早く来て)

ドクンドクンと部屋に根を張り脈打つ”肉”の中で珠世は祈ります。

(お願い…!!)

鬼滅の刃【146話】の感想・考察

爺ちゃんのことも”兄”の事も好きだった善逸の想いに、ぐっときました。

三途の川のようなものが見えてしまっていましたが爺ちゃんのくれた言葉は本当のモノだと良いですね!

愈史郎が暗躍してくれていますが、あまり強くなさそうな村田隊員達しかいないと善逸の身は心配ですね。

炭治郎戦が始まりそうですが、壁を破壊して出てきたところと言いランクといい大変な戦いになりそうです。

義勇もいるのでどうにかできると良いのですが…。

珠世の方にもあまり時間は残されていなそうですね、悲鳴嶼さんがまた向かえていると良いのですが、切迫してきました!

次回も楽しみですね!

次回の鬼滅の刃【147話】は、週刊少年ジャンプ13号、2019年2月25日発売です☆

鬼滅の刃【146話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【146話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

<発売され次第更新予定>

まとめ

鬼滅の刃【146話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です