鬼滅の刃【147話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年2月25日発売日の週刊少年ジャンプ13号にて、鬼滅の刃【147話】が掲載されています。

タイトルは『小さな歯車』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【147話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃、前回【146話】のあらすじ・ネタバレ内容

爺ちゃんのことも”兄”の事も好きだった善逸の想いに、ぐっときました。

三途の川のようなものが見えてしまっていましたが爺ちゃんのくれた言葉は本当のモノだと良いですね!

愈史郎が暗躍してくれていますが、あまり強くなさそうな村田隊員達しかいないと善逸の身は心配です。

炭治郎戦が始まりそうですが、壁を破壊して出てきたところと言いランクといい大変な戦いになりそうです。

義勇もいるのでどうにかできると良いのですが…。

珠世の方にもあまり時間は残されていなそうですね、悲鳴嶼さんがまた向かえていると良いのですが、切迫してきました!

詳しいネタバレはこちら☆
鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想鬼滅の刃【146話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃【147話】のあらすじ・ネタバレ内容

「泣くな、絶対に手を止めるな。私たちは負けない」

地図を描く手が止まりかけ目に沢山の涙を溜め、両親と姉達の姿を思い出す妹に輝利哉は告げます。

兄の覚悟を感じた妹達は、返事をしまた作業に没頭していきます。

「輝利哉さまは御立派なことだ。父を亡くされた心痛も癒えぬ中鬼殺隊の指揮を執り、己の使命を果たさんとおられる」

なあ煉獄さんよ、と問いかけられ

「年端もゆかぬ子供たちがこれ程我が身を奮い立てているのだ。私も杏寿郎同様煉獄家の名に恥じぬよう、命を賭してお守りする」

廊下に鎮座しながら、槇寿郎は答えました。

(苦しんでいるように見える)

部屋に寝かされた禰豆子の汗を拭いながら、鱗滝は観察します。

(お館様に協力していた珠世という鬼が寄越した薬、言われた通り使ったが…果たして禰豆子は人間に戻れるのだろうか)

玉のような汗を浮かべながら苦しそうな息を吐く禰豆子を見つめ、

(禰豆子が人間に戻れば無惨の目論見は潰える。千年以上かけて探し続けて来た完全体の夢。太陽の克服はふりだしに戻る)

と考えます。

(日光で消滅しない鬼は、この長い年月で禰豆子一人だけ…)

鱗滝は手を握りしめ、大きく呼吸します。

(最終局面という言葉が何度も頭を過ぎる。その度に体の芯が震え心拍が上がる)

ゴクリ…と生唾を飲み下し鱗滝は思考を続けます。

(この長い戦いが今夜終わるかもしれない。まさかそこに自分が生きて立ちあおうとは)

炭治郎と禰豆子が揃った事で大きな歯車が回り出したようだと感じている事に気付く鱗滝。

(今までの戦いで築造されたものが巨大な装置だとしたならば、炭治郎と禰豆子という2つの歯車が嵌まったことにより、停滞していた状況が一気に動き出した…)

苦しむ禰豆子の顔を覗き込みながら鱗滝は思います。

(負けるな禰豆子、負けるな炭治郎。絶対に負けるな)

猗窩座と接敵した炭治郎は、突っ込んでくる攻撃に対して【ヒノカミ神楽・火車】を使い攻撃を躱しつつ反撃します。

(いけ!いけ!いけ!!腕くらい斬れなきゃ、頸なんて斬れない)

猗窩座の突きを頭上を回転するように避け、そのまま回転の勢いを殺さずに左手を下方から斬りつけます。

(斬れた!!攻撃も躱せた、通用する、戦える)

猗窩座の左腕を肩口から切り裂いた炭治郎は手応えを感じます。

(頸は狙えなかった!けど次は…)

着地した炭治郎が振り向く前に、残った右腕で猗窩座が迫ります。

(【ヒノカミ神楽・幻日虹】)

裏拳気味に繰り出された猗窩座の一撃を頭に触れる直前に発動した技で回避します。

陽炎のように残った火に猗窩座が目を見張っていると、炭治郎はその背後に着地します。

今度は奇襲されないよう素早く振り向き、刀を構えます。

猗窩座の顔面に刀傷が走ります。

(炭治郎…格段に技が練り上げられている)

二人の戦いを見て義勇が目を見張ります。

猗窩座の顔についた傷は、すぐさま跡形も無く治りますが炭治郎は油断なく構えます。

(お前の実力は柱に届くと言っても過言ではない。上弦ノ参を相手にこれ程…あの日)

と義勇の脳裏には出会った頃の炭治郎の姿が思い起こされます。

(雪の日で絶望し頭を垂れ、涙を流しながら妹の命乞いをするしかなかったお前が戦えるようになった。命を、尊厳を、奪われないために)

「”この少年は弱くない侮辱するな”、杏寿郎の言葉は正しかったと認めよう」

炭治郎にしっかり向き直った猗窩座が口を開きます。

「お前は確かに弱くなかった。敬意を表する」

猗窩座はそう言うと足を強く踏み込みます。

いつの間にか引っ付いた左腕は胸の前で掌を炭治郎に向けるようにし、やや右半身を前に出すようにしながら右手の拳は内側に向けています。

血鬼術を展開しながら猗窩座は告げます。

「さあ始めようか。宴の時間だ」

鬼滅の刃【147話】の感想・考察

年若い人材の多い鬼殺隊ですが、その中でも若めの人がフロントライナーとして頑張っていますね。

獪岳と善逸の因縁も根深いものでしたが、杏寿郎の敵討ちという意味でも猗窩座に負ける訳にはいきませんね!

技の連携等を考えていつも戦っている印象のある炭治郎でしたが、ヒノカミ神楽を使えるようになり、さらに馴染んできたことによって凄く強くなりましたね!

柱達との修行に真剣に向き合った結果でもあるとは思います。

義勇も驚くほどの進化を遂げた炭治郎と猗窩座の戦い、どうなるのか!

次回も楽しみですね!

次回の鬼滅の刃【148話】は週刊少年ジャンプ14号、2019年3月4日発売です☆

鬼滅の刃【147話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【147話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

鬼滅の刃【147話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です