鬼滅の刃【148話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年3月4日発売日の週刊少年ジャンプ14号にて、鬼滅の刃【148話】が掲載されています。

タイトルは『ぶつかる』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【148話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃、前回【147話】のあらすじ・ネタバレ内容

年若い人材の多い鬼殺隊ですが、その中でも若めの人がフロントライナーとして頑張っています。

獪岳と善逸の因縁も根深いものでしたが、杏寿郎の敵討ちという意味でも猗窩座に負ける訳にはいきません!

技の連携等を考えていつも戦っている印象のある炭治郎でしたが、ヒノカミ神楽を使えるようになり、さらに馴染んできたことによって凄く強くなりました!

柱達との修行に真剣に向き合った結果でもあるとは思います。

義勇も驚くほどの進化を遂げた炭治郎と猗窩座の戦い、どうなるのか!

詳しいネタバレはこちら☆
鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想鬼滅の刃【147話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想|ジャンプが無料で読める!

鬼滅の刃【148話】のあらすじ・ネタバレ内容

「水の柱か!これは良い!遭遇したのは五十年ぶりだ!」

【水の呼吸 参ノ型・流流舞い】を放ち、義勇が部屋の中を所狭しと駆けながら攻撃をしかけますが、受けた猗窩座は笑みを浮かべ感想を漏らします。

お返しとばかりに【破壊殺・乱式】を猗窩座は放ち、それを義勇が【水の呼吸 拾壱ノ型・凪】を使いいなします。

【破壊殺・乱式】の凄まじい衝撃は、義勇を境に分かれたように通り過ぎていきます。

「見たことがない技だ。以前殺した水の柱は使わなかった!」

嬉しそうに猗窩座は声をあげます。

その隙に猗窩座に迫った炭治郎は【ヒノカミ神楽 烈日紅鏡】で仕掛けます。

(!?消えっ…た!!)

上段から振り下ろされた炭治郎の攻撃は躱されます。

(後ろ!!)

突如背後に現れた猗窩座の手刀が、炭治郎の首に迫ります。

【ヒノカミ神楽 幻日虹】を使って攻撃を避けようとしますが、かすかに間に合いません。

首をひねり無理矢理に避けようとする炭治郎の頭に手刀が当たる、その瞬間。

【水の呼吸 弐ノ型・水車】で手刀を放つ猗窩座の右腕を義勇が切り落としました。

完全に切り離された猗窩座の右腕は、即座にひっつき再生しますが炭治郎への攻撃は失敗に終わりました。

機を逃さず猛攻を仕掛ける義勇に加勢する炭治郎が、猗窩座の足を狙い攻撃を放ちます。

猗窩座は【破壊殺 脚式・冠先割】で狙われた足を後ろに跳ね上げるように蹴り上げてきます。

(受けたっ…、ちゃんと刀で…っ)

カウンター気味に繰り出された技に、炭治郎はどうにか刀をあわせます。

技の威力で体が浮かびあがります。

途端、炭治郎は大量に吐血しました。

炭治郎の着地に合わせるように義勇が猗窩座に斬りかかります。

吐血だけではなく炭治郎は鼻からも大量に出血します。

(かすったか…!?わずかに…!!それでこの威力…!!)

血を拭いながら炭治郎は確認します。

「流麗!!練り上げられた剣技だ!素晴らしい!」

義勇の攻撃を受けながら猗窩座は賞賛します。

「名を名乗れ、お前の名は何だ!!覚えておきたい!!」

撃ち返しながら問う猗窩座に

「鬼に名乗るような名は持ち合わせていない。俺は喋るのが嫌いだから話しかけるな」

と義勇は答えました。

「そうか!お前は喋るのが嫌いなのか!俺は喋るのが好きだ!何度でも聞くぞ!お前の名を!!」

言葉と共に【破壊殺 脚式・流閃群光】を放ちます。

刀で受けた義勇は、連続で放たれた蹴りの威力に弾き飛ばされ何枚も壁を抜き吹き飛ばされていきました。

「義勇さん!!」

叫ぶ炭治郎に

「そうか、アイツは義勇という名前なのか」

またも接近していた猗窩座が耳元でそう言います。

迫る猗窩座を迎撃しようと炭治郎が【ヒノカミ神楽・灼骨炎陽】を放ちますが【破壊殺 脚式・鬼芯八重芯】で相殺されてしまいます。

ビリビリと受けた刀に衝撃を受け顔をしかめる炭治郎。

「いい動きだ、短期間でよくぞここまで鍛錬したな。褒めてやる」

パキパキと指を鳴らしながら猗窩座は言います。

「それにしても杏寿郎は良い仕事をしてくれたぞ。あの夜地面に転がっていたお前は圧倒的弱者。雑草でしかなかった」

ニヤリと笑う猗窩座は

「だがどうだ!!今のお前は!!目を見張る成長だ!俺は純粋に嬉しい、心が躍る!」

と興奮したように言いました。

ハアハアと息を切らしている炭治郎。

「杏寿郎はあの夜死んで良かった。ともするとあれ以上強くなれなかったかもしれない。人間のままでいたがるようなくだらぬ価値観を持っていたし」

猗窩座の発言に、杏寿郎の姿を想い起こした炭治郎は呼吸を整えるのも忘れて言い返します。

「何だと?お前。お前はもう、黙れ。煉獄さんのことを喋るな」

「何故だ?俺は賞賛しているんだぞ。お前の事も杏寿郎の事も」

疑問に思う猗窩座に炭治郎は答えます。

「違うお前は、侮辱しているだけだ。唾を吐きかけているだけだ、誰に対しても」

「勘違いだよ炭治郎。俺は、俺が嫌いなのは弱者のみ。俺が唾を吐きかけるのは弱者に対してだけ」

にっこりと笑みを浮かべる猗窩座は

「そう、弱者には虫唾が走る。反吐が出る。淘汰されるのは自然の摂理に他ならない」

ふと真顔になり続けました。

「お前の言ってることは全部間違ってる。お前が今そこに居る事がその証明だよ」

炭治郎は間髪入れずに否定します。

「生まれたときは誰もが弱い赤子だ。誰かに助けてもらわなきゃ生きられない。お前もそうだよ猗窩座。記憶にはないのかもしれないけど、赤ん坊の時お前は誰かに助けられ今生きているんだ」

刀を構え直し炭治郎は更に続けます。

「強い者は弱い者を助け守る。そして弱い者は強くなり、また自分より弱い者を助け守る…、これが自然の摂理だ!」

炭治郎の言葉を聞いた猗窩座は、張り裂けんばかりに腕に力が溜まっています。

それでも炭治郎は叫びます。

「猗窩座!俺はお前の考え方を許さない!これ以上お前の好きにはさせない!」

鬼滅の刃【148話】の感想・考察

バトルマニアな猗窩座は再生力も攻撃力も凄まじいですね。

強者であれば、意外と思想にも興味があるのか後半は完全に手が止まっていますが「強さ」に拘る猗窩座は弱かった自分などきっと認めないのでしょうね。

強い鬼の方が、会話は出来る感じですがその分思想が強く結局分かり合うには至らないのかなと思います。

吹っ飛ばされた義勇も気になりますが、さらに本気になった猗窩座と炭治郎はやりあわないといけなくなりそうですね。

いつの間にか使い熟せるようになった「ヒノカミ神楽」の発動よりも、敵の攻撃がちょいちょい早いのが気になります…。

次週も楽しみです!

次回の鬼滅の刃【149話】は週刊少年ジャンプ15号、2019年3月11日発売です☆

鬼滅の刃【148話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【148話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

鬼滅の刃【148話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です