鬼滅の刃【150話】最新話のネタバレ内容やあらすじ・感想「嫌悪感」

鬼滅の刃 最新話 ネタバレ 感想

2019年3月18日発売日の週刊少年ジャンプ16号にて、鬼滅の刃【150話】が掲載されています。

タイトルは『気づき』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに鬼滅の刃【150話】を無料で読みたい人はコチラ☆

鬼滅の刃前回【149話】のあらすじネタバレ

炭治郎の精神性、というか考え方と猗窩座の知り合いの考え方が似ているのが気になりますね。

猗窩座の、避けても避けても急所を狙ってくる感じも、炭治郎の「隙」を感じ取る能力と似ている感じがします。

千寿郎の思い描く過去の柱達のイメージからも、やはり炭治郎が日の呼吸の使い手と何らかの深い関係がある事を現しているように思えますね。

猗窩座も獪岳と同じく「力」に拘り鬼に堕ちたのでしょうか?

義勇も再合流出来たことで、少しは勝機もみえてきたように思えますが…次回が楽しみです!

鬼滅の刃【150話】のあらすじ・ネタバレ内容

(俺は…、極力刀を抜きたくはないし、誰かれ構わず娯楽のように手合わせするのも好きではない。けれども今…、)

 
猗窩座と再び真っ向から対峙した義勇は思考します。

(己が圧倒される強者と久々に出会い、短時間で感覚が鋭く練磨されるのが分かった。閉じていた感覚が叩き起こされ…、引きずられる)

義勇は、まるで血液が循環していくかのように体に意識が張り巡らされていくのを感じています。

(強者の立つ場所へ、限り限りの命の奪り合いというものが…、どれほど人の実力を伸ばすのか)

理解した、と己の考えに区切りをつけた義勇。

「義勇さん」

炭治郎が呆然と名を口にします。

猗窩座を無心に見つめる義勇の左頬に”痣”が浮き上がっています。

斬りかかる義勇にあわせ、カウンター気味に繰り出される猗窩座の拳。

掻い潜り、体を捻りながら義勇は頸を狙い斬りつけます。

大きく上体を逸らしなんとかその攻撃を躱し、そのままの勢いで大きく距離をとる猗窩座。

(痣が発現、速度が…)

上がった!と頭の中で猗窩座が考えている間に一気に切迫した義勇が技を放ちます。

【水の呼吸 肆ノ型・打ち潮】にカウンターをあわせた猗窩座の右腕は肘辺りまで切り裂かれました。

猗窩座の拳がかすり義勇も右の額から出血します。

(速い!!どちらも…、だけど義勇さんの上がった速度にすぐ猗窩座は順応した。長期戦になれば永遠に体力が続くわけじゃない人間が圧倒的不利!!)

二人の高速の戦いを見ながら炭治郎はそう評価します。

(そもそも無惨を倒すことが目的なんだ…)

目的を見つめなおした炭治郎ですが、珠世たちのことを思うと焦りを感じずにはいられません。

(急げ、早く倒せ、急がないとみんな死ぬ…みんな…、落ち着け!!)

自分の思考に一喝する為にあえて戦闘から目を離し、強く目を瞑ります。

(考えろ焦るな、絶対に思考を放棄するな。…なぜ猗窩座の攻撃は磁石のように正確なのか、背後や死角からの攻撃にも必ず反応する理由…)

「その闘気、練り上げられている。至高の領域に近い」

指差す猗窩座の姿が脳裏に浮かびます。

(煉獄さんとの戦いで猗窩座は闘気という言葉を使った…、闘気って何だ?)

目を見開いたまま炭治郎は唖然とした表情のまま考えます。

(俺が匂いで色々なことを感知できるように、猗窩座も闘気で何かを感知している?)

「ヒリヒリすんだよな、敵が狙ってくる所は」

依然治療中に伊之助とした会話を思い出す炭治郎。

「だから伊之助は攻撃に気付いたんだな。後ろからだったのに凄いなあ」

笑いながら誉めると、伊之助は腕を組み満更でもなさそうに言います。

「俺は人より体の皮が強いからな。後ろからだろうが誰かが俺を見てりゃ見てるってわかるぜ」

「やってみせてくれよ!」

炭治郎の要望に、伊之助は二つ返事で了承すると背中を向けて座ります。

炭治郎は言葉も発さず、じーっと背中の一点を見つめます。

「右肩見てるだろ!!」

振り向いた伊之助は自信満々に、炭治郎の見つめていた位置をピタリと当てたのでした。

すごい!と誉める炭治郎に、さらに気を良くした伊之助は身振り手振りを大きくして語ります。

「特に殺気を込めて見てくる奴は一発でわかる、自分に害があるもんはやべえからな!」

伊之助との会話を振り返り、彼は研ぎ澄ました肌の感覚で目には見えないものを感知していた、と思い出す炭治郎。

(それから何を話したっけ、あの時…、)

さらに深く炭治郎は思い返します。

「ただ逆に殺気とか害意がない奴って気づきづらかったりするんだよな」

藤の花の家紋の家の老女が、握り飯を用意して背後に座っていたことを思い出して憤慨し始める伊之助。

「俺は思ったね、殺気を出さずに近づけりゃあ気づかれねえ、そしたら殺せない奴はいねえってな!!」

シャドーボクシングのように拳を繰り出しながら興奮した様子で伊之助は言います。

それを聞いた炭治郎は、うーんと唸ると

「でもそれは、おばあさんが危害を加える気がなかったからだろ?殺気を出さずに鬼を殺すのは不可能だと思うよ」

と、考えを述べました。

それを聞いた伊之助はシャドーをやめ、振り返りながら言いました。

「そりゃそうだわな。殺気の籠ってないへろへろの一撃じゃ、鬼の硬ぇ頸は斬れねぇよな」

(たわいもない会話だったけど…、何か核心をついているような気がする。猗窩座の感知する闘気とは…殺気とは違うのか?)

何が違うのかを考える炭治郎。

闘おうとする意志なのか、鍛錬した時間なのか、それとも量なのか?

(俺の、匂いでの動作予知のようなもの?…猗窩座の闘いの羅針盤、狂わせる方法はないか?)

炭治郎の深く沈んだ思考を取り戻させるかのような大きな音がします。

義勇の刀と猗窩座の拳が何度目かの交錯をし、強くぶつかりあった為に発生した音でした。

我に返った炭治郎は【ヒノカミ神楽】を放ちます。

技はまたも途中で、刀を掴まれることで止められてしまいます。

ミシィと刀から嫌な音をさせながら、

「胴ががら空きだぞ!炭治郎!!」

ニヤリとした猗窩座は裏拳を放ってきます。

(入る!!)

と、確信された一撃を炭治郎は腹を浅く裂かれた程度で躱します。

すかさず斬りかかる義勇と猗窩座の激しい打ち合いが近距離で繰り広げられます。

少しだけ距離をとる炭治郎の鼓動が早くなります。

(闘気…磁石…羅針盤、感知、殺気…、不可能、至高の領域……、そうかあれだ)

鬼滅の刃【150話】の感想・考察

“痣”の現出した義勇の猛攻と技のキレでも攻め切れない猗窩座、さすがの上弦ですね。

そんな上弦と、もう普通にやりあえているだけで本当に炭治郎の成長は信じられないものがありますね。

自身も感知能力のようなものを持っているからこそ、辿り着けた答えはなんなのでしょうか?

次回がとても気になります!

次回の鬼滅の刃【151話】は週刊少年ジャンプ17号、2019年3月25日発売です☆

鬼滅の刃【150話】を見た読者の感想

鬼滅の刃【150話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

鬼滅の刃【150話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です