ワンピース(ONE PIECE)【935話】最新話のあらすじ内容やネタバレ・感想

ワンピース ONEPIECE 最新話 ネタバレ 感想

ワンピース(ONE PIECE)【935話】の気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずにワンピース(ONE PIECE)【935話】を無料で読みたい人はコチラ☆

ワンピース(ONE PIECE)【935話】のあらすじ・ネタバレ内容

兎丼の囚人採掘場内幹部塔に響く声、

「ソリティア様!!”鍵”を盗まれました!!」

「何者かに海楼石の”手錠の鍵”を!!!」

その報告をきき、囚人採掘場副看守長、真打ちソリティアは急いで犯人を捜すように指示を出します。

その犯人こそ顔のでかい忍者、雷ぞうです。

ルフィを逃がすための手錠の鍵を盗み出すことに成功したのです。

急いでルフィのもとへ向かう雷ぞうですが、一方でルフィはヒョウ五郎を助けるために看守に手をあげていました。

看守に手を上げたものは即刻死刑、場には死刑を喜ぶ者とルフィとヒョウ五郎がもう逃れられないと悲しむ者。

働ける程度の海楼石をつけているルフィがここまで動けるのは、ルフィの精神力が異常だからと言う看守長ババヌキ。

「俺は今修行中なんだ!!コレが外れた時少しでも強くなっている様に・・・!!!」

と言うルフィに対し、ババヌキは、

「明日もねェのに、強くなってどうすんだ!!!」

と大砲のような攻撃を食らわせます。

吹き飛ぶルフィ、覇気だけでも使えたら・・・。

ここで、クイーンが付きババヌキはルフィをそのままにクイーンのもとへ向かいます。

球のような巨体のクイーンに周りのものからの歓声は鳴りやみません。

「待たせたなゴミクズ共ォーー!!!」

百獣海賊団大看板”疫災のクイーン”クイーンがババヌキに最近困っていることランキングを聞きます。

3位はユースタス・キッドが逃げたこと。

「え~~~~~!!?」とクイーン。

2位は海楼石の手錠の鍵を盗まれたこと。

「え~~~~~!!?」とクイーン。

1位は麦わらのルフィが逃走中。

「え~~~~~!!?」とクイーン。

「追えよアホンダラァ!!」

ルフィは壁をよじ登り逃走中です。

花の都の湯屋ではナミたちが入浴中。

そこでヒョウ五郎の話を聞きます。

20年前のワノ国の裏の顔役として花の都の裏社会を取り仕切った大親分がヒョウ五郎です。

風のうわさでは黒炭家への従属を拒みオロチに殺されてしまったというヒョウ五郎は伝説の人となってしまいました。

クイーンのもとで捕まってしまったルフィ。

ヒョウ五郎も一緒です。

ルフィだけでも助けてやってくれというヒョウ五郎ですが、クイーンを何かを思いついたようです。

ルフィを目の前に鍵を持つも何もできない雷ぞう。

そんな雷蔵ぞうを檻の中から呼ぶ声。

「拙者だ雷ぞう、”河松”だ」

驚く雷ぞう。

ワンピース(ONE PIECE)【935話】の感想・考察

どことなくクイーンから漂う、フランキーと同じ匂い・・・。

クイーンが思いついた盛り上がるやつとはいったいなんなのかが気になります。

予想では、ルフィを助けてやって欲しいというヒョウ五郎の手で、ルフィを死刑にしろと言うような感じだと思っています。

新しく登場、河松を檻から出して、雷ぞうはルフィを助けることができるのでしょうか。

がんばれ雷ぞう!!

湯屋の場面で、最初のシーンは忍の後ろには普通に女の人がいたのに、次のシーンで男だらけになったのにびっくりです。

なぜ!?って思いました。

とりあえず全員忍の”忍法金玉潰し”でやられたので結果オーライざまーみろです。

いくら混浴でも、女性の裸をじろじろ見るのはダメです。

まとめ

ワンピース(ONE PIECE)【935話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です