約束のネバーランド【120話】最新話のあらすじネタバレ・感想|形のない怪物

約束のネバーランド 約ネバ 最新話 ネタバレ 感想

2019年1月28日発売日の週刊少年ジャンプ9号にて、約束のネバーランド【120話】が掲載されています。

タイトルは『形のない怪物』!!

気になるあらすじネタバレ・感想、さらには週刊少年ジャンプを無料で丸々読める方法をご紹介します。

この先、ネタバレを含む内容になるので、読みたくない人はスルーしてください。

ネタバレを見ずに約束のネバーランド【120話】を無料で読みたい人はコチラ☆

約束のネバーランド【120話】のあらすじ・ネタバレ内容

農園から出たエマたちがようやくたどり着いた先にいた、ノーマン。

ノーマンが生きている、そのことに感動するも、なぜ生きているのかその疑問が残るエマたち。

まずノーマンの口から語られたのは、鬼の正体についてでした。

自分達人間を食べる鬼の正体とは何なのか、なぜ人間を食べる必要があるのか。ノーマンによると、鬼はヒトを食べなければ、現在の姿や形を保つことができない、形のない生物であるといいます。

鬼の最初の姿は誰にも分りませんが、時に種をこえてでも他の生物の遺伝子を取り込む「遺伝子の水平伝播」に似た方法で進化を遂げてきたこの生物は、食べることで進化を遂げてきました。

虫を食べては虫のように、魚を食べては魚のように形をかえて、様々な形へ進化していったのです。

そしてついにヒトを食べたのです。ヒトを食べたことにより、ヒトに似た姿と高度な知能、言葉や文化を獲得しました。

ヒトを食べることにより、驚異的な進化を遂げた鬼にとって人間は最大の好物になり、鬼は人間の天敵となったのです。

しかし、一つの問題として、鬼は食べ続けなければ形質を保っていられないといった性質を持っていたのです。

つまり、知能や形質を維持するために、鬼は人間を食べ続ける必要があるとノーマンは言います。

また、食べる人間の質も、鬼の進化にかかわっているため、この1000年は、量産された人間をたべたことにより、下級の鬼たちは形質保持能力が弱いといいます。

つまり、農園をつぶせば、下級の鬼から順に滅びていきます。

そのことに危機を感じる鬼とラートリー家が手を組んで、より質のいい人間を生み出す生産場が、ノーマンのいた試験農園ラムダです。

しかし、ラムダで繰り返される投薬や実験、品種改良により異常な発達や成長を遂げる人間が出てきました。

皮肉にも、鬼によって生まれた異常な発達の人間は、鍛えれば鬼と戦う戦力になると考えるノーマン。

これらの情報から、ノーマンは、人間の世界へ逃げるのではなく、鬼たちを絶滅させ鬼の世界に自分達、食用児の楽園を築きたいとエマたちに告げます。

約束のネバーランド【120話】の感想・考察

今回分かった衝撃の鬼の正体。

まさか、鬼として生まれたのではなく、人間を食べることにより生まれた生物だとは思いませんでした。

まるで、自分たちが遂げた進化が牙をむいたような、未来に実際に起こりそうなことなので、少し怖くなりました。

ノーマンのいつも斜め上を行く発想。

ここにきて、逃げるのではなく戦うという選択にエマやレイたちがどう答えを出すのか、早く次の回が気になります。

逃げたとしても、いずれ鬼が来る、自分たちのような食用児が生まれてしまうという理由で戦うのだろうなと考えています。

ストーリーに関係ないですがエマやレイに比べ、ノーマンの顔立ちが出荷される前よりすごく大人びているなと思います。

中身も見た目もノーマンすごくかっこいいです。

次回の約束のネバーランド【121話】は、週刊少年ジャンプ10号、2019年2月4日発売です☆

約束のネバーランド【120話】を見た読者の感想

約束のネバーランド【120話】を実際に読んだ人のTwitterでの感想をご紹介します。

まとめ

約束のネバーランド【120話】のネタバレ感想をご紹介しました!

内容は何となくわかったけど、文字だけ読んでもピンとこない人も多いと思います。

無料で漫画を読めるサイトをまとめているので、参考にしてみて下さい。

無料で漫画を読む方法はコチラ

ジャンプ ネタバレ漫画ジャンプのネタバレや最新話情報!無料で読む方法も大公開

コミックス派の人も先が気になってしょうがない人は、無料で読める期間内で先読みしちゃいましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です