人力車の発明は明治時代に日本で開発

明治から大正時代を中心に徒歩よりも速い移動手段とし比較的裕福な方を中心に用いられた対人輸送車として人力車が知られています。 名前の通り俥夫、又は車夫と呼ばれる方が人力で走行する滑車付きの大きな椅子という認識で構わないと言えるでしょう。 経緯としてどのように発明されたのかというのには様々な説がありますが、起源は1868年頃であり明治初期の日本であるというのは間違いないとされています。 発明者は和泉要助と高山幸助、鈴木徳次郎の三者であると云われており、彼らは東京で見た馬車からヒントを得て人力車の開発を行ったという説が最も有力だと言えます。 しかし1899年2月の第13回帝国議会、今で言う衆議院では発明人ニ年金給与ノ建議案が提出されていたものの和泉要助らが研究者かどうかで議論となっていたことから、創造したのが誰であったのかというの未だ明確ではないともされています。

京都

江戸時代の駕籠から人力車へ割安の為に交通手段が移行

当時多くの山師達も含めた自称発案者が多かったために、小林要吉や田中古朴が開発したものではないかといった意見も未だにあるのです。 またアメリカの鍛冶職人であるアルバート・トルマンによって作られたという説も未だに残っているため、今後起源の変更がなされる可能性も十分に残っていると言えるでしょう。 歴史でいえば1872年ごろにはそれまで使われていた駕籠より移動速度が速かったことと、馬よりもマンパワーの労働コストのほうがはるかに割安だったためにすぐに著名な交通手段になったという記述が残っています。 その当時東京市内に1万台はあったとされている駕籠は完全に姿を消し、逆に人力車は4万台まで増加して日本の代表的な公共輸送機関になったとされています。 これにより職を失ってしまった駕籠かき達は、その多くが車夫に転職して生計を立てたとも言われているのです。 19世紀末の日本には20万台を越す車両が、徐々に揃えられるようになっております。 結果として駅前で客待ちを行う現在で言うところのタクシードライバーのような車夫が多く存在していました。 また1880年頃に人力車はインドに導入されます、最初に中国の企業が運搬装置として使い始めたのですが1914年にその中国人たちが乗物用としても使用できるように許可を申請したことから対人輸送も可能となったとされています。

浅草

現在は60分で1万円前後の料金が掛かる人力車

1949年以降に中国を統治した中国共産党により中国国内での走行禁止例が出されてしまったということもありましたが、日本国内では浅草や鎌倉、京都などで未だに走る続けていますしインドを初めとした海外でも移動手段として活用されているのです。 人力車の料金は時代と共にだいぶ変わりましたが、現在では一人当たり15分の時間で3000円程度、60分で1万円前後だと認識おいて構いません。 原則的に二人乗りの場合は単独で利用するのに比べ割安になるというのは今も昔も変わらず、形態によっては3人乗りも可能な場合があるためさらにお特に利用できるとして家族旅行やカップル旅行などに来ている乗客などからの人気が高いと言えます。

相場

観光地での予約はネットから出来る人力車

時代は流れ現在に至っては、人力車の予約をインターネットのホームページ上から行えるようになりました。 路上で客待ちをしている車夫に直接交渉するに比べ割安の価格で目的地まで運んでもらえたり観光地めぐりが行えたりするため、事前予約を有効的に活用するというのが現代の特徴だとも言えるでしょう。 現在のところ移動手段としてより由緒ある観光地めぐりの案内役という利用のされ方が多い人力車であるため、地域説明や観光地説明を海外からの観光客の方に対して行なえるといった車夫の方が多く居るというのも昔とは違う特徴だと言えます。

販売

人力車を引く車夫はイケメンで会話も楽しめる

観光だけでなく鎌倉などで挙げる結婚式での移動にも利用できるという場合が多いのですが、こちらは必ず事前予約が必要となるため業者との打ち合わせを行う必要が生じます。 このあたりはウェディングプランナーの方に一任することも可能ですが、人力車を引くの方と顔合わせ程度は行っておく必要があるということを覚えてくといいでしょう。 過去と現在との違いとして車夫の方がかなり身なりに気を使うようになったという点が挙げられます、俗に言うイケメンなども多く存在しているため女性利用者の中にはリピーターとなっている方も多くいらっしゃるのです。 筐体そのものも1800年代に比べるとかなり改良がなれており、座り心地が極端に悪かったり走行中に振動で舌をかんでしまうということも少なくなっています。 そのため移動中の会話も問題なく楽しめるようになっているため、車夫からの説明を聞くだけでなく乗客側から質問することも当然可能だということを覚えておくといいでしょう。 歴史の深い古い町並みをレンタカーで廻るのは風情にかけると考えている方は、人力車を一週間程度前から行える事前予約を利用し割安の料金での乗車を目指してみてください。

バイト


このページの先頭へ